STORY

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

 


〜これは正義か悪事か〜

1603風魔小太郎が処刑された。

その真相を誰も知らない・・・・

今から400年前の東京

まだ江戸と呼ばれていた時代

天下を平定した徳川家康は急ピッチでこの首都建設を進めていた。

その一方で、戦なき世に役割を終えた多くのしのび達は生きる場所を失い、食うに困り、

その忍の術を用いて盗賊団へと成り下がっていった。

幕府はただちに忍盗賊しのびとうぞくの捕縛に乗り出すが、摩訶不思議な術を使う彼らを前になすすべがなかった。

窮地に追いやられた幕府は三人の男達に白羽の矢を立てる。

彼らこそ、日ノ本最強と歌われた元・風魔忍者

鳶沢甚内(とびさわ・じんない)

庄司甚内(しょうじ・じんない)

高坂甚内(こうさか・じんない)

 

人呼んで、江戸の三甚内である。

 

毒は毒をもって制す。忍は忍を持って制す

彼らは公儀・忍盗賊改め方

世にいう「忍殺しのびころし」である・・・